ヘアドネーションの注意点

学校支援ボランティアとは

学校支援ボランティアとは、学校において行われるボランティア活動や、またそれを担う人材とされています。
学校が閉鎖的な運営してきたことがきっかけとなり、学校をめぐって様々な問題の解決や、学校改革の土台の一つです。
また、学校教育を内部の人材だけで運営する事が難しくなってきた問題点も含め、学校支援ボランティアが、様々な問題を仲立ちしながら問題を解決していく可能性があるとされています。
学校支援ボランティアの活動は、代表的なのが、子供達の登下校の安全監視です。
登下校をする子供達の安全を監視する事で、不審者や、車などの事故に巻き込まれないように監視をしています。
これは、全国的に共通しているボランティア活動になります。

災害ボランティアとは

災害ボランティアは、主に自然災害による、地震や水害、火山噴火などの災害があった場合に被災地で、復旧活動や復興活動を行います。
阪神・淡路大震災では、約137万7300人の人達が全国から駆け付けくださり、ボランティアに参加してくれました。
1995年にボランティア元年という言葉を生み出しただけでなく、政府の防災基本計画が改訂されました。
同じ年に災害対策基本法の改正も行われ、日本の法律に初めてボランティアという言葉が明記されました。
しかし、阪神・淡路大震災の時にボランティアについての知識などがあまりなかったために様々な問題点もあったと言います。
一部の人間による社会マナーが足りていなかった事でトラブルもあったと言います。