• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ボランティアについて

ヘアドネーションは、アメリカの団体が行っていた活動の一つであり、日本が活動を始めたのは、2009年になっています。 ヘアドネーションは18歳以下の子供達のために、小児がんや先天性の脱毛症以外にも、事故や怪我などで頭髪を失った子供達のために、寄付された髪の毛を使ってウィッグを作り、無償で提供する事です。 続きを読む

ヘアドネーションとは

ボランティアは、自分から物事を進んで行い、他の人や社会に奉仕する事や、活動する事を指します。
ボランティアの語源は、聖書からきており、副詞形のヴォルターテ(自ら進んで)の語源が動詞のヴォロです。
ヴォロの意味は、欲する・求める・願うの意味があります。
ラテン語のヴォルタースが英語のボランティアが誕生したと言われています。
しかし、日本においてのボランティアと世界においてのボランティアでは、考え方が少し違うように感じられる点がいくつかあります。
日本でもボランティアを有償化するべきだと話題になる事もありました。
また、海外でのボランティアは有償化だったとの話もあります。
そこで、海外と日本のボランティアに対する考え方がどう違うのか。
一番は、宗教の関係が根強いところもあるかと思います。教会で寄付を集めたり、炊き出しの活動する海外の人達にとっては、困っている人を助ける、助け合う事が当たり前だと教えられているからかもしれません。
また国によって文化もあり、人との繋がりを大事にしているからかもしれません。
海外のボランティアですごいと思える事は、見返りを求めていない事です。
また、一人の人がボランティアの活動をしようとすれば、地域一体となって活動する姿です。
病気の子供を支援するためのボランティア、高額なために手術が受けられない子供のために必死に寄付を集めている親御さんを支援したりする姿です。
ボランティアで色々な活動や支援ができる人が、一人でも多く増えてくれる事を望みます。

おすすめリンク

ヘアドネーションの注意点

医療分野で使われることが想定されている事から、最短でも31センチの長さは必要になります。 引っ張ると切れてしまうほどのダメージがある場合は寄付ができません。 また、髪が完全に乾いていないとカビなどが繁殖する可能性があり、周囲の髪もダメになる可能性がありので注意をしましょう。 続きを読む

賛同理美容室とは

NPO法人HEROの理念に共感し、活動にボランティアで協力してくれるサロンの事を言います。 ヘアドネーションは、行きつけのサロンで切ってもらう事や、自分自身でセルフカットする方法もありますが、経験が豊富なプロの人に要望などを聞いてくれて、仕上がりも満足できるのが一番です。 続きを読む